体内の脂肪を燃焼させる運動

適度な有酸素運動は、脂肪燃焼を促進することで健康的なダイエットに良いとされていますが、有酸素運動とはどのような運動なのでしょうか。有酸素運動とは、酸素を吸い込みながら筋肉を鍛え、ウォーキングや水泳などの運動のエネルギーとして体内の脂肪を燃焼させる運動です。血液中には常に一定量の脂肪が存在しますが、この脂肪を体脂肪として蓄積される前に運動で消費することで、ダイエットが可能になります。体内の脂肪の消費を促しやすい有酸素運動は、最も効果的なダイエット方法と言われています。血液中に存在する脂肪が足りなくなると、体脂肪が燃焼されるのです。有酸素運動がダイエットに良いとされる理由は、お腹や二の腕の重い脂肪も、血液中の脂肪も、酸素を取り込んで一定の時間で体を動かすことで代謝されるからです。体内の脂肪を運動エネルギーに変えるには、一定量の酸素が必要です。有酸素運動でダイエットを期待する場合は、運動が辛くて続かないような体の動かし方をしないように気をつけましょう。脂肪が燃焼し始め、ダイエット効果が現れるのは、有酸素運動開始後20分程度経過してからと言われています。普段の運動経験が少ない方は、15分から始めて、徐々に30分程度の運動ができるようにしましょう。時間だけでなく、運動の強さも自由に調整できるので、30分程度の運動に慣れてきたら、より強い運動へとシフトしていくことも可能です。ダイエットの場合、軽く汗をかく程度の運動強度で脂肪燃焼効果が得られます。体に負担をかけず、長く続けられる有酸素運動を目指しましょう。
有酸素運動は、ダイエットだけでなく、さまざまな効果が期待できる運動です。まず、有酸素運動は心肺機能を強化します。有酸素運動には、コレステロールの改善や中性脂肪の減少など、体の隅々まで血液が行き渡るようになるなど、さまざまな効果があります。有酸素運動は、血圧や血中脂肪値を改善し、生活習慣病のリスクを低減します。また、継続的な有酸素運動は体力の向上にもつながりますし、適度な運動はストレス解消にもなります。有酸素運動を行う人の中には、より高い運動量を好む人もいます。ダイエットに良い有酸素運動をする場合は、短時間でハードな運動をするよりも、運動強度は高くなくても、酸素を体内に取り込みながらゆっくりと有酸素運動をすることがおすすめです。万歩計を使って、1万歩を目標に歩く習慣をつけるのもダイエットによいでしょう。有酸素運動のための自転車や水中ウォーキングは、膝や腰を痛めている方でも無理なくできる運動です。現代の環境では、多くの人が生命活動に必要なカロリーよりも多くのカロリーを日常的に消費しています。したがって、余分な摂取エネルギーはどこかで使わなければなりません。有酸素運動によるダイエットは、少なくとも週に3回、合計で1,000~1,500キロカロリーの消費を目標に行う必要があります。有酸素運動をダイエットに生かすには、ライフスタイルに有酸素運動を取り入れるのが一番です。
https://blog.goo.ne.jp/yne4kb/e/5d36de0a7596b48b724f422550951308

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です